テクニカルレポート

2019/03/15 / テクニカルレポート

JIMTOF2018

〜第29回 日本国際工作機械見本市〜

 実装技術編集部 氏


 11月1日~6日の6日間、東京ビッグサイトにおいて、工作機械を一堂に集めた見本市、JIMTOF2018(第29回 日本国際工作機械見本市)が、(一社)日本工作機械工業会と(株)東京ビッグサイトの主催によって開催された。

 会期中の来場者は153,103名(うち、海外:12,791名)(※いずれも重複なし)にのぼった。

 

 シチズンマシナリー(株)では、「人を活かす、機械を活かす、技術で活かす」をコンセプトに、様々な製品を紹介していた。

 なかでも注目を集めていたのが、主軸台固定形CNC自動旋盤ミヤノ「BNE」シリーズの追加機種。

 同シリーズの製品は、高剛性/高精度で、かつ、正面/背面の同時加工などができる2スピンドル/2タレットが特徴。

 今回追加となったのは、「BNE51/65MYY」と「BNE51/65MSB」。

 「MYY」は下部タレットにもY軸を搭載した製品で、「MSB」は上部タレットにB軸機能を搭載した製品。

 『BNE65MSB』は特に欧州での要望が多かった、太いバー材加工に対応すべく、最大加工径65mm仕様となっており、360°旋回可能なB軸によって正面背面の複雑形状加工が可能。

 新HMI(ヒューマンマシンインタフェース)を搭載しており、最新のNC装置と合わせて生産性が向上する。

主軸台固定形CNC自動旋盤ミヤノ『BNE65MSB』

 

 菅機械産業(株)では、既存の切断機に取り付けるデジタル定寸器『デジピタット!』を紹介していた。

 同製品は、既存の切断機に取り付けるだけで切断精度と効率の大幅な向上を実現するもの。

 デジタル表示の定寸機構をスライドさせて寸法設定するというシンプルな操作なので、多くの作業者が簡単に使用でき、作業効率の向上と、これまで困難だった材料切断加工の精度出しを実現できる。

 製品としては、作業台一体型のものと、取り付け型のものをラインアップし、それぞれ、500mmタイプ、1000mmタイプ、1500mmタイプのバリエーションがある(特注対応で3000mmまで製作可能)。

デジタル定寸器『デジピタット!』

 

 

 三乗工業(株)では、工場や研究所の騒音問題を手軽に解決できる防音パネル『ミノリ・サイレンサー』を紹介していた。

 本パネルは、一般タイプ(MES-FPシリーズ)と不燃タイプ(MES-APシリーズ)を用意。

 騒音レベル最大20dB以上の削減を実現し、人間の耳に敏感な周波数(500~4000Hz)以上の音を吸音する。

 また、軽量で、キャスタを付けることも可能。

 さらに、簡易な加工と簡易な組み立てが行え、設備に合わせて必要サイズでの組み合わせが可能で、一般タイプと不燃タイプを組み合わせることもでき、設備メンテナンス時の取り外しも簡単に行える。

 この他、『ミノリ・サイレンサー』には、かぶせるだけで騒音を最大50%カットする簡易型防音ボックスも用意されている。

三乗工業(株)のブース

会社名:
所在地:
URL:
事業内容:

12

お役立ち情報

GICHOターゲティングメールサービス『激安キャンペーン実施中!』

リスト数約56,300件!無駄なく配信・低価格・スピード対応!
攻めのプッシュ型広告で見込み客を拡大!
クリック件数だけでなく、人数、プロフィール、時間をレポートいたします。
より質の高いマーケティング活動が可能に!

ビジコム ポスト GICHOビジネスコニュニケーションズ

Copyright © 2018 Gicho Business Communications, Inc. All rights reserved.
このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。著作権は GICHOビジネスコニュニケーションズ社に帰属します。

Loading...